愛車の購入を検討する場合、ディーラーで買うのが良いか?それとも独立系車買取会社から買うのが良いか?または、中古車販売会社から買うのか?

幹線道路沿いにある大型車買取業社の店舗をよくみかける事がある。買取った車を直ぐに中古車として展示・販売をするのであろう。だから車買取業社の展示場に展示されている車の数や車種の多さには関心させられる程である。中古車を探すのであれば数台の中から選ぶよりは、数多くの車種・車の色・金額などから好みの車を選んだ方があとあと後悔しないで済むと思うのは私だけだろうか。

但し、購入するメーカーを既に決めている場合にはまずはメーカー系ディーラーの中古車を確認してみるという事をお勧めする。その上で車買取業社の展示場に行き、お目当ての車を探す事も一つの方法論である。ディーラーの中古車は下取りした車であり、車買取業社の車は販売を前提に買取した車である。同じ中古車であっても意味合いが全く違うと言うことである。

車買取業社の場合には買取った車を販売する事を前提に買取価格を設定しているのであり、下取りした車の販売価格とは違う価格設定がされているように思えるのである。私自身は、車買取業者の中古車の方が安い気がするのだが。

悩み

  • Posted on 17. 10月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
愛車を購入する際は何処がいいかな? はコメントを受け付けていません。

今までに私は愛車の査定を車買取業社に依頼した事がある。実際にはディーラーに下取り車として出したのであるが。愛車の下取り価格を知りたいと思い、Webから複数の車買取業社に一括査定を依頼したのである。

実際には、4社ほどの車買取業社の担当者が自宅まで愛車の査定をしに来たのだが。査定に要する時間は、ほんの30分ほどであった。査定員が調査した内容と車検証を本部にデーターを送信して30分ほどで愛車の査定価格の提示を受けた。

査定員にも僅かながら金額の幅があるらしく、その場で車の売買を決定してくれるのであれば、若干の下取り価格にプラスをするとの事を告げられたのだが、複数の買取業社からの査定金額も知りたいと思い、その場での契約はしなかったのだが。

ディーラーとの交渉では、始めに下取り車は無いとしての交渉からスタートし、値引き金額の確約を取り付けた後に下取り車の価格交渉に取りかかった。事前に車買取価格が確認出来ていたので、比較的に交渉はスムーズに進み、下取りの方が金額的に得と判断出来たのでその時の入替えはディーラーに下取り車として提供したのである。

  • Posted on 8. 10月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
愛車の下取りは複数の見積りで! はコメントを受け付けていません。

今の時代、多くの車買取業社が存在して、めまぐるしく事業を拡大している。Webを活用する事により家にいながらにして車の買取依頼や購入予定車の見積依頼が可能なのである。

ホームページの先頭画面から買取か購入かを画面選択して進むだけで手軽に売買可能になるのだ。双方の必要事項が画面上に現れて、画面指示に従ってデーターを入力するだけの事である。必要時間は、ほんの十分程度だろうか。しばらくすると登録したメールアドレスに送信メールが車買取業社より送信されてくるのである。

車買取の場合には、愛車の査定に来る担当者が日時等の時間調整をする事から始まるのである。自分で愛車を業社の店頭まで持ち込む必要などないのである。車買取業社の担当者が自宅まで車の査定に来てくれるのである。

車を購入する場合にも希望した車種・金額に該当する中古車を選んでデーターを入れれば該当する情報を届けてくれるのである。どちらも家にいながらにしてある程度の事が可能になっている。ただ、購入の場合には、実際に当該中古車を見て、乗って確認した後に契約を結ぶ事になると思うのだが。とくにか時代はどんどん変化しているのである。

PC

  • Posted on 28. 9月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
車の売買は自宅でOK? はコメントを受け付けていません。

幹線道路を走行していると大型の車買取業者の展示場をよく見かけたりする。そのお店で買い取った車だろうか、新規入庫車などという張り紙を付けて展示してあったりする。その脇には、別の車にお買上げ車との張り紙が貼ってあったりする。

そんなに買取した数多くの中古車が入庫して販売(出庫)していくのだろうか?普通の中古業者は、売れなくなったりしないのだろうか?その辺が不思議でならない。買い取った中古車を全て自社内で販売するのだろうか?それとも程度の良い中古車は、オークション場に持ち込みそこで売りさばいたりしているのだろうか。

あれだけ多くの車買取を実施して在庫の中古車で置場に困る事はないのだろうか。確かに多くの車種・年式・色・グレードの中古車を仕入して持つことのメリットはあるとは思うのだが、その在庫車を滞りなく売りさばける事にびっくりしているのである。

選択する中古車の種類・数が豊富であれば、顧客が欲しがっている中古車を即座に社内の在庫車の中から探し出す事は可能であり、顧客をよそに取られないで済むのかも知れないが管理の仕方も半端ではないはずだ。

  • Posted on 19. 9月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
中古市場のびっくり疑問点? はコメントを受け付けていません。

現在では大規模に車買取業を営んでいる企業が複数社存在している。一日に数百台の新規買取車両があるとお店の看板に表示してある。それだけの中古車を仕入して全ての中古車を売りさばけると言う事には驚きがある。

商品である中古車の在庫を持たない方が営業リスクは少ないと思うのだが、大型車買取業者としてはWebを利用することにより一度に多くの顧客から車の買取と販売を同時に実施する事を可能にしているのである。自分が所有する車に飽きたらその車を車買取業者に売り、そこで新たに購入する事までを可能にしているのである。

その為に買い取った車は直ぐにデーターベース上に更新され、閲覧可能となるのである。その際のデーターは、車買取を依頼されて客先を訪問した買取担当者が作成したデーターと写真、車検証の写しである。中古車の車買取を実施する前から販売を意識したデーター収集が確立されているのである。

当然のことながら買い取った中古車を販売する事により、当該中古車の販売価格がある程度予測可能になり、これから買い取ろうとする査定価格も決定されるという事であろうか。

査定

  • Posted on 9. 9月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
Leave a comment

希望の愛車を購入してからはじめのうちは夏冬関係なく全て手洗いで洗車していたものである。しかしながら、車の入替の為に下取りに出す際には車を手洗いしようが、洗車機で洗おうが殆ど車買取価格に差が無い事を言われてしまいガッカリした事がある。

下取りだろうが車買取だろうが、標準装備の状態に戻す様に要望された事もある。車体の高さを下げたり、タイヤホイールを替えたりとした行為がマイナス・査定になったりする事もあるのだ。タイヤ・ホイールを、標準装備品に戻す事などを要望されたりもするのである。

ショックアブソーバーやスプリングも純正品を要求されたりした事もあった。愛車を下取りや車買取店に出す場合には標準仕様が要望されるので性能アップの為の改造であったとしても純正部品は手元に保管しておくべきものである。愛車が壊れて走行不能になるまで乗り続けるのであれば問題はないのだろうが。

中古市場に出した場合には余にも手が加えられて特長がありすぎる車の場合には、売りづらいし、買いづらいのかもしれないがそこまで要求されると売るにしても納得いかない場合もあるので注意が必要だ。

  • Posted on 2. 9月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
Leave a comment

今の時代では、車の売り買いがある程度までWebで可能になった事があげられる。もちろん最終的な契約は当然の事ながら契約書に署名して捺印という行為は必要なのであるが。愛車を売る場合には全て自宅で手続きを完了する事ができる。

車を売る場合は、当方の希望価格や車種等の諸々の情報をWebに表示されている内容に従って入力するだけで済むのである。購入する場合には最終的に実車をみて、走行してみるという行為が当然必要なのだが、車を売る場合には、複数の車買取業者が時間調整した上で買取対象車を自宅まで確認しにきてくれるのである。

その上で車検証、車の外観・内装などをこと細かくチェックシートに書き込み、その内容を会社の事務処理センターにデーター送信するだけで調査は終了する。そして30分もすれば車の買取価格が提示されるのである。全国どこでも同様の処理がなされるという事で、なかなかすごい仕組みになっている。

その場で即答する事は無いのだと思うのだが、複数社の車買取業者が査定して買取金額を提示してもらってもどこの車買取業者も提示価格にはさほど代わり映えはしないものである。実に良く出来たものである。だから車を売る側としては、担当者の人柄や誠意で愛車の売り先を決める事になりそうである。

車売る

  • Posted on 31. 8月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
Leave a comment

以前は新車に買い替える際に下取りに出していたものだ。何の疑問も持たずにである。確かに以前は、現在のように下取り業者なる中古車買取業自体が無かったのかもしれないのだが。新車の購入時に下取り価格に何の疑問を持つこともなく、ディーラーの営業マンの言われるままに下取りに出していたものである。

そして、近くの町のディーラーにも行って合見積を依頼して価格調査をしたものである。何処の見積りも決まった様に殆ど変わらない価格提示に対して、嫌々納得してサインして印鑑を押した覚えがある。今ならディラーに下取り車として車を渡す事はしないのかもしれないが。

現在では、数多くの車買取業者があり、Webにデーターを入力するだけで複数の買取業者から連絡があり、当日または翌日には愛車の買取価格が提示されるのである。自分で業者に愛車を持ち込む必要などないのである。

提示された価格に納得出来ない場合には、売買契約する事は無いのである。新車に買い替を考えるのであれば下取り車として愛車を提供する前に、一度車買取業者に愛車の査定を依頼してみる事をお勧めする。

  • Posted on 29. 8月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
Leave a comment