以前は新車に買い替える際に下取りに出していたものだ。何の疑問も持たずにである。確かに以前は、現在のように下取り業者なる中古車買取業自体が無かったのかもしれないのだが。新車の購入時に下取り価格に何の疑問を持つこともなく、ディーラーの営業マンの言われるままに下取りに出していたものである。

そして、近くの町のディーラーにも行って合見積を依頼して価格調査をしたものである。何処の見積りも決まった様に殆ど変わらない価格提示に対して、嫌々納得してサインして印鑑を押した覚えがある。今ならディラーに下取り車として車を渡す事はしないのかもしれないが。

現在では、数多くの車買取業者があり、Webにデーターを入力するだけで複数の買取業者から連絡があり、当日または翌日には愛車の買取価格が提示されるのである。自分で業者に愛車を持ち込む必要などないのである。

提示された価格に納得出来ない場合には、売買契約する事は無いのである。新車に買い替を考えるのであれば下取り車として愛車を提供する前に、一度車買取業者に愛車の査定を依頼してみる事をお勧めする。

  • Posted on 29. 8月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です