希望の愛車を購入してからはじめのうちは夏冬関係なく全て手洗いで洗車していたものである。しかしながら、車の入替の為に下取りに出す際には車を手洗いしようが、洗車機で洗おうが殆ど車買取価格に差が無い事を言われてしまいガッカリした事がある。

下取りだろうが車買取だろうが、標準装備の状態に戻す様に要望された事もある。車体の高さを下げたり、タイヤホイールを替えたりとした行為がマイナス・査定になったりする事もあるのだ。タイヤ・ホイールを、標準装備品に戻す事などを要望されたりもするのである。

ショックアブソーバーやスプリングも純正品を要求されたりした事もあった。愛車を下取りや車買取店に出す場合には標準仕様が要望されるので性能アップの為の改造であったとしても純正部品は手元に保管しておくべきものである。愛車が壊れて走行不能になるまで乗り続けるのであれば問題はないのだろうが。

中古市場に出した場合には余にも手が加えられて特長がありすぎる車の場合には、売りづらいし、買いづらいのかもしれないがそこまで要求されると売るにしても納得いかない場合もあるので注意が必要だ。

  • Posted on 2. 9月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です