現在では大規模に車買取業を営んでいる企業が複数社存在している。一日に数百台の新規買取車両があるとお店の看板に表示してある。それだけの中古車を仕入して全ての中古車を売りさばけると言う事には驚きがある。

商品である中古車の在庫を持たない方が営業リスクは少ないと思うのだが、大型車買取業者としてはWebを利用することにより一度に多くの顧客から車の買取と販売を同時に実施する事を可能にしているのである。自分が所有する車に飽きたらその車を車買取業者に売り、そこで新たに購入する事までを可能にしているのである。

その為に買い取った車は直ぐにデーターベース上に更新され、閲覧可能となるのである。その際のデーターは、車買取を依頼されて客先を訪問した買取担当者が作成したデーターと写真、車検証の写しである。中古車の車買取を実施する前から販売を意識したデーター収集が確立されているのである。

当然のことながら買い取った中古車を販売する事により、当該中古車の販売価格がある程度予測可能になり、これから買い取ろうとする査定価格も決定されるという事であろうか。

査定

  • Posted on 9. 9月 2013
  • Written by admin
  • Categories: susume
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です